計測・検査

接着剤塗布検査装置
[FV-DispenseChecker]

製品画像
動画でご紹介

【動画でご紹介】

高精度で複数カメラによるリアルタイム高速塗布検査を実現

FV-DispenseCheckerは接着剤塗布において、塗布と同時に塗布幅と位置チェックを行うリアルタイム高速塗布検査を実現する画像処理装置です。高精度のパルスジェネレータ機能や複数の塗布ロボットを監視するホスト機能により、様々な塗布ロボットの検査に対応します。


本製品は優れた画像処理技術とその技術を応用した幅広い製品を提供しているFAST社の製品です。

株式会社ファースト

株式会社ファースト https://www.fast-corp.co.jp/

ダウンロード

仕様・特徴

特徴

①高精度で複数カメラ(標準2台)によるリアルタイム高速塗布検査を実現
②画像処理装置内のパルスジェネレータ機能を特化して高速高精度を実現
③自動車のスポット溶接前の塗布ロボットなどの塗布中同時検査に最適
④ロボットが出力する塗布信号を入力として塗布状態を監視するので、接続が容易
⑤複数の塗布ロボットを監視するホスト機能も標準装備

塗布リアルタイム検査

複数カメラ同時撮影により、ディスペンサがどの方向に塗布を行っても必ずどちらかのカメラにより塗布軌跡を撮影出来ます。
2~4台のカメラが対応で、視野が100mmの場合は、ロボットスピード2500mm/秒の塗布スピードまで追随できます。
専用パルスジェネレータにより、塗布開始信号に同期して撮像信号が連続的に自動生成されるので、安定した連続撮像が出来ます。

塗布リアルタイム検査

ホスト監視機能

車体の塗布検査は複数台の塗布ロボットが同時に塗布を行います。その時に、ホストは各ロボットに取り付けられたFV-DispenseCheckerの結果をリアルタイムで表示し、データを一括して表示することにより、簡便に塗布NG箇所の特定を確認することが出来ます。

※リアルタイム検査は最大6台までとなります。

ホスト監視機能

ディスペンサのタイプ

ディスペンサのタイプ

システム構成例

ディスペンサのタイプ

オーダーインフォメーション

型名 納品物 備考
- ・お問い合わせください ・お問い合わせください