その他の製品

拡張I/O(I/Oエクスパンダ) LSI

機器の高機能化に伴い、LED制御、リモコン、ファン制御、モータ制御、キー入力、センサなどの様々な周辺機能の同時制御が必要となり、CPUの汎用ポートが足りなくなってきています。

CPUの汎用ポート不足を解消

拡張I/O LSIシリーズはCPU周辺で必要とされるI/O機能および20~70本の汎用入出力ポートを備えており、お客様の用途に応じて製品をご選択いただけます。

CPUの汎用ポート不足を解消

I/O機能

「LED制御、リモコン、ファン制御、モータ制御、キー入力、センサなど様々な周辺機能の同時制御が必要だけど・・・ CPUの汎用ポートが足りない!」 といった課題を解決!!

GPIO

UART

SPI
(ホスト)

I2C
(マスタ)

PWM/
アウトプット
コンペア

赤外線入力/
インプット
キャプチャ

低速A/D
コンバータ

PCM PWM

パルス
カウンタ

※各製品ごとに搭載するI/O機能は異なります

機能比較表

型名 TE7740RPF TE7753PF
TE7754PF
TE7760PF TE7790PF
特徴 多ピン 多ピン/
多機能
小型
ホストインタフェース パラレル 8bit 8bit 8bit -
シリアル - - 3線式
シリアル
I2C Slave
GPIO*
(汎用入出力ポート)
ホストインタフェース:パラレル時 36Port 72Port 64Port -
ホストインタフェース:シリアル時 - - 72Port 20Port
リセット時のポートの状態 入力 (TE7753PF)
High出力
(TE7754PF)
Low出力
High/Low
出力選択可
入力
UART 5ch
(16Byte
FIFO)
- 2ch
(88Byte
FIFO)
-
SPI(ホスト) 4ch
(2chのみ32Byte
FIFO)
- - -
I2C(ホスト) 2ch - - -
PWM/
アウトプットコンペア
2ch - 4ch 4ch
赤外線入力/
インプットキャプチャ
- - 4ch -
低速A/Dコンバータ - - 12ch 8ch
PCM PWM - - - 2ch
高速シリアル - - - -
パルスカウンタ 2ch - - 4ch
USB1.1(デバイス) - - - -
内部動作電圧 1.8V 5V 3.3V 3.3V
I/O電圧 3.3V 5V 3.3V、5V
選択可
3.3V / 5V
動作温度範囲 -40~85℃ 0~70℃ -20~85℃ 0~70℃
パッケージ 81ピン
PFBGA
8mm
100ピン
QFP
16mm
144 ピンQFP
22mm
48ピン
QFP
9mm

*1 GPIOは他のI/O機能と兼用しない場合の最大ポート数です。
*2 動作温度範囲の拡張をご要望の場合はお問い合わせください。

拡張I/O LSIシリーズのメリット

■単一電源で実現
FPGAの場合は、低電圧電源を含めた多重電圧電源での実現となりますが、拡張I/O LSI Seriesは、単一電源で実現可能

■設計が容易・コスト削減
高機能CPUへの置き換えより、容易にI/Oを拡張でき、開発工数、コスト削減が可能。
CPU側のI/Fは汎用パラレルインタフェース、I2C スレーブバスのため設計が容易

■低消費電力
個別にスタンバイモード(*)への移行機能を搭載しており、低消費電力設計に貢献
*GPIO、UART、赤外線入力のみ

■お客様のシステムに柔軟に対応
お客様のシステムに必要なインタフェース機能や汎用入出力ポートをレジスタで柔軟に設定可能

■長期安定供給
1990年代から供給を開始し、現在も供給を継続。FA機器などの製品寿命の長い機器にも最適。

アプリケーション例

産業機器

自動販売機
自動販売機

紙幣認識装置
紙幣認識装置

自動改札機
自動改札機

丁合機
丁合機

FA機器全般
FA機器全般

民生機器

カーナビ
カーナビ

プロジェクタ
プロジェクタ

MFP
MFP

アプリケーションブロック図

自動販売機
自動販売機

ラインアップ

SPI、UART等のI/O機能搭載 拡張I/O LSI [TE7740RPF]

製品画像

TE7740RPFはSPI(最大SPIクロック周波数:6MHz)やUART(最大ボーレート:3Mbps)などのI/O機能のワンチップ化により、CPUバスに8bit非同期インタフェースで直接接続が可能になり、CPUのI/O機能不足を解消します。

汎用パラレルI/O LSI [TE7753PF/TE7754PF]

製品画像

TE7753(PF)およびTE7754(PF)は、汎用入出力LSIの業界標準でもある82C55×3個を1チップに集約、8ビットの並列入出力ポートを集積したLSIです。各ポートの入出力設定をポート(8ビット)、ニブル(4ビット)ビット単位で設定可能です。リセット後の出力ポートのステータスにより、TE7753PF(Hignを出力)かTE7754PF(Lowを出力)を選択可能です。

UART,A/Dコンバータ機能付
拡張I/O(I/Oエクスパンダ) LSI [TE7760PF]

製品画像

TE7760PFは、業界標準拡張LSI  82C55を3個搭載し、8bitの並列入出力ポート(9ポート、72 I/O)を1chipに集積した、汎用拡張I/O(I/Oエクスパンダ) LSIです。アナログ入力(12チャネル)、UART(2チャネル)の機能があり、リセット後の出力ポートのステータス(High、Low)は、外部端子により設定可能です。 モータ駆動やセンサーを多数必要とする各種システムに最適です。

ホストインタフェース I2Cスレーブ、ファン制御機能付
拡張I/O(I/Oエクスパンダ) LSI [TE7790PF]

製品画像

当社の「拡張I/O(I/Oエクスパンダ) LSI」の第4弾となり、ホストインタフェースを従来の汎用CPUインタフェースからシリアル(I2C)インタフェースに変更し、より省スペース化を実現しました。また、ファン制御に必要なPWM出力のほか、ファンからのフィードバック信号をカウント(パルスカウンタ)、出力信号との比較を実施し、従来のADCおよびDACで制御していたファン制御回路のローコスト化を実現いたします。