高速プロジェクター

DynaFlash
[TB-UK-DYNAFLASH]

世界最速レベル
フレームレート最大1,000fps/8bit階調で映像を投影可能(解像度1024x768)

Texas Instruments社DLP® DMDチップ(Digital Micromirror Device)と高輝度LED光源を用い、 独自にFPGAに組み込んだ高速制御回路によりDMDとLEDを高速に制御することで、 高いフレームレートを実現。 さらに、独自の通信インタフェースによって、画像を高速転送する回路を計算機に搭載することで、 映像生成から投影までの遅延を最小3msに抑えることが可能。

DynaFlashプロジェクター 技術応用例

DynaFlashプロジェクター 技術応用例

ダイナミックプロジェクションマッピング

  • 動いている対象物の位置と方向を高速ビジョンで検出
  • その位置と方向に対する映像をコンピュータで作成
  • 作成した映像を高速プロジェクタに転送し、表示

    投影像があたかも対象物に印刷したかのように表示される。
    投影対象物が動いても、形状が変化しても投影可能

ダイナミックプロジェクションマッピング

高速構造照明による3次元計測

対象物に対し、測定用のパターン画像を投影し(空間コード化法、位相シフト法)、処理する従来の物体認識・識別手法において1,000fpsで投影可能なDynaFlashを使用することで、高速に移動している対象物をリアルタイムに認識・識別が可能。

高速構造照明による3次元計測

DynaFlashプロジェクター 概要

主な仕様

型名
:TB-UK-DYNAFLASH
投影方式
:シングルDLP®プロジェクタ
表示デバイス
:0.7”型DMD 解像度1024x768(XGA)
投影速度・階調
:1,000fps・8bit階調
投影レイテンシ
:3ms (min)
ホストとのI/F
:PCI Express I/F(光)
光量
:330ルーメン(1000fps)
Offset
:125%
Throw Ratio
:1.8 – 2.1
筐体
:約 260×270×120mm(天吊り対応)
投影対象 解像度 表示速度
従来のプロジェクタ 静止した平面 Full-HD,4K 30~120fps
DynaFlash 問わず グレースケール8bit階調
解像度:1024×768
1,000fps

応用分野

産業機器(FA/検査、高速ロボット)
映像メディア、セキュリティ、自動車、医療等

アプリケーション

ダイナミックプロジェクションマッピング、
リアルタイム3次元形状認識、
リアルタイムスキャニング、検査、ロボットビジョン、拡張現実(AR)、
高速ジェスチャーUI等

事例

共同研究  東京大学 石川 渡辺 研究室

研究室HP:
http://www.k2.t.u-tokyo.ac.jp/index-j.html

DynaFlash 紹介動画(YouTube):
http://www.k2.t.u-tokyo.ac.jp/vision/dynaflash/index-j.html