1. HOME
  2. 製品・サービス
  3. 計測・検査
  4. 3次元塗布検査

製品・サービス

計測・検査 3次元塗布検査

拡大表示

■業界:自動車
3次元塗布検査は、自動車のガラスを車体に接着剤で接合するような塗布作業工程において、塗布剤の途切れや気泡の有無を確認した上で、塗布状態の検査(塗布幅・高さ測定)を自動で行うシステムです。塗布作業と共に検査しタクトを最短にし、品質向上と省人化を実現します。

課題

【業務課題】
・塗布した接着剤の幅測定
・塗布時の途切れ・気泡検査の自動化
・塗布した接着剤の高さ/ 断面積の測定
・省人化とともに省電力化

【技術課題】
・幅測定と同時に高さ測定を行う
・死角のない検査

解決ポイント

■塗布時に検査

塗布ロボットでリアルタイムに高さ計測(計測・検査)

自動車業界での塗布では、ロボット化が進んでいますが、検査は人が付いて検査を行っています。本ソリューションではでは、カメラと直線レーザを塗布ロボットのヘッド部に追加搭載し(図1-1)、ロボットコントローラとはIO信号線(基本はSTARTとOKの2本)で接続することでロボット制御プログラムの変更はほとんどどなしで行えます。

塗布ロボットでの塗布と同時に、塗布直後の幅と高さ測定を行うとともに、高さを面として見て、塗布途切れと表面上の気泡を検査します(図1-2)。
人による検査ではバラつく結果も、自動化により安定し、品質向上と省人化を実現できます。

さらに、検査時間は完全に塗布時間に包含されるため、タクトは検査有無に関わらず同じであり、非常に高効率です。

塗布Robotでリアルタイムに高さ計測(計測・検査)
 

■死角を無くす

高さ計測ユニットの死角をなくす(撮像・計測・検査)

高さ計測ユニットを、ロボットのヘッド回転型の場合は2式、ヘッド非回転型の場合は4式まで接続することが可能で、場所によりカメラを切り替えることで死角をなくします。特に、ヘッド回転型の場合では、左右から見ることで傾斜部に塗布して側面を覆うような形状でも死角にならずに計測することが可能です。この方式により、正確な高さと断面積を算出することが可能です。

本システムは、一般的な組立工程でのシーリング作業にも対応できます。高さが不要なケースでは、塗布切れ、位置、幅計測・検査のシステム(2D版) や、塗布対象物に対して塗布経路補正を行うシステムもあります。

 

 

~ 人手に頼っている現場作業を「効率化」「省人化」「自動化」したい方におすすめ ~
【必読!モノづくり現場 9の課題解決事例集】ダウンロード

課題解決事例集はこちら

関連製品・サービス

関連記事

資料ダウンロード

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お見積り・資料請求・
技術的なお問い合わせ等

PAGE TOP