1. HOME
  2. 製品・サービス
  3. 計測・検査
  4. カーボン繊維積層 異物検査

製品・サービス

計測・検査 カーボン繊維積層 異物検査

拡大表示

■業界:自動車・航空等
カーボン繊維のような薄いシートの張り合わせの位置合わせを行うと共に、高精度の高さ計測技術により張り合わせるシート間の浮きや異物混入の有無を素早く検査します。これにより、大型のフィルム検査を短時間で行う事が可能となり、現場作業を効率化します。

課題

【業務課題】
・貼り合せ位置確認
・浮き確認
・異物確認( 同色異物)

【技術課題】
・高さ計測
・積層直後の状態を常時検査
・高速プロファイリング

解決ポイント

全面検査を行う作業品質をカメラと画像処理で解決し、
高速プロファイリングで実用化

■高さ計測

積層されたシートの状態を検査するには、高さ計測が欠かせません。それを実現するのが光切断法と呼ばれる高さ計測方法です。多軸ロボットなどのヘッドにカメラやレーザーを搭載し、ヘッドを少しずつ動かしながら、都度レーザーの凹凸を撮像して高さ情報を生成することにより、高さの面を作ることができます。高さ情報を濃度情報に置き換えることで、高さを測った画像が生成されます。その画像からシートの浮きがないか、異物によって突起物がないかを検査します。それを高速に処理することによって、大きなシートでもリアルタイムに検査が可能になります。カメラを移動させる代わりに、ワークを搬送させても同じ結果が得られます。

積層されたシートの状態検査

 

■高速プロファイリング

この光切断技術を利用し、一部の処理をハードウェア化することで、高速なプロファイリングを可能としました。その結果、走行方向が長い成形型では最大毎分40mで検査ができるようになりました。積層装置メーカと連携し、装置の走行部に検査ユニットを搭載したことで、積層しながらリアルタイムに検査が行えるシステムを実現しました。検査は、貼り合せ位置検査、浮き検査、積層内異物検査が行えます。特に異物検査では、シート間に異物があることが多く、シートが盛り上がるところを検知します。

積層しながらリアルタイムに検査

 

 

~ 人手に頼っている現場作業を「効率化」「省人化」「自動化」したい方におすすめ ~
【必読!モノづくり現場 9の課題解決事例集】ダウンロード

課題解決事例集はこちら

関連製品・サービス

関連記事

課題解決事例集

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お見積り・資料請求・
技術的なお問い合わせ等

PAGE TOP