1. HOME
  2. 製品・サービス
  3. 計測・検査
  4. 金属プレス部品 外観検査

製品・サービス

計測・検査 金属プレス部品 外観検査

拡大表示

■業界:部品製造
金属プレス部品の外観検査は、密着ラインセンサーで死角のない検査環境を構築し、透過照明と反射照明の2種類を使いバリ検出、たわみ検出の両方を同時に行います。また、GPUを活用した高速処理により、プレス加工機のタクトに合わせた高速検査を実現します。

課題

【業務課題】
・人による検査のバラツキ排除
・全数検査
・省力化

【技術課題】
・設置環境によるワーク周辺部の検査
・高速画像処理

解決ポイント

密着センサで省スペースでの検査を実現
GPU により画像処理を高速化し検査タクトを最短に

■密着センサ

一般的に、ワークを撮像するためには、エリアカメラを使用しますが、エリアカメラでは、画角の影響からワーク周辺部でバリが死角に入り、検査が行えない問題が発生します。これを密着ラインセンサを使用し、全画面を真上から見ることで解決しました。コピー機のスキャナで読み取るようにプレス部品を読み取ることで、シート上のワークに対しレンズひずみのない画像を取得することができます。たわみを無くすために、ワークを搬送台に乗せて移動することで全体を撮像します。

金属プレス部品検査_密着センサ

 

■GPU 処理による高速化

対象物は、プレス加工された金属の部品です。正常品と画像で比較することでバリ検出やたわみ検出を行います。照明は、バリ検査時とたわみ検査で透過照明と反射照明の2種類を用意し、点灯/ 消灯制御を行うことで両検査を行えます。内部の処理は、GPUを搭載したコントローラでFAST製GPU対応画像処理ライブラリ*を使用することで、プレス加工機のタクトに合わせた高速画像処理を実現しています。
*FAST GPU Accelerator ソフトウェア
金属プレス部品検査_GPU 処理による高速化

 

 

~ 人手に頼っている現場作業を「効率化」「省人化」「自動化」したい方におすすめ ~
【必読!モノづくり現場 9の課題解決事例集】ダウンロード

課題解決事例集はこちら

関連製品・サービス

関連記事

課題解決事例集

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お見積り・資料請求・
技術的なお問い合わせ等

PAGE TOP