1. HOME
  2. 製品・サービス
  3. 評価ボード・IPコア

製品・サービス

評価ボード・IPコア

  • V-by-One HS IPコア (ザイリンクス FPGA 対応)

    V-by-One®HSはこれまで以上に高いフレーム速度と高解像度を必要とするフラットパネル・ディスプレイ市場の要求に応えるために、ザインエレクトロニクス社(THine Electronics, Inc.)によって開発された標準規格です。
    東京エレクトロンデバイスが提供するザイリンクス社 FPGA用 V-by-One HS IPコアを採用することにより、機器内のケーブル数、開発コスト、および開発期間の大幅な削減が実現可能です 。

    特徴
    •機器内における高速ビデオ信号の伝送に最適
    •データレーン当り3.75Gbps(実効速度:3Gbps)までの伝送速度
    •スクランブル処理とクロック・データ・リカバリ(CDR)によるEMIの削減
    •従来の伝送システムにおけるクロックとデータ間のスキュー問題をCDRにより解決
  • MECHATROLINK-III IPスレーブコア (ザイリンクス FPGA 対応)

    MECHATROLINK-Ⅲは、これまで以上に高い伝送速度、伝送周期、伝送距離、最大スレーブ数を必要とするモーションフィールドネットワーク市場の要求に応えるために、MECHATROLINK協会によって開発された標準規格です。
    東京エレクトロンデバイスが提供するMECHATROLINK-Ⅲ IPスレーブコアを採用することにより、ボード上の部品点数、開発コスト、および開発期間の大幅な削減が実現可能です。

    特徴
    MECHATROLINK協会認定済のザイリンクス社FPGA(Spartan-6 FPGA)に組み込めるMECHATROLINK-Ⅲ IPスレーブコア
  • Kintex UltraScale FPGA評価ボード

    ザイリンクス社 Kintex UltraScale 060/115 FPGAを搭載した評価ボード。HDMI2.0/DiplayPort1.2/12G-SDIのようなビデオFMCインタフェースカードと組み合わせることにより8K4K評価環境の構築が容易に可能です。

    特徴
    •20nm Kintex UltraScale FPGAシリーズ搭載
    • DDR4 SDRAM(2400Mbps)を64bit幅で2系統搭載し、広帯域のデータバッファが可能
    •FMCコネクタを7個搭載し、様々なI/Fの組み合わせが可能。
    •SFP+ソケットを4系統搭載し、広帯域で伝送距離が必要なシステムに対応が可能(KU115 FPGA版のみ)
  • Artix-7 FPGA評価ボード

    DisplayPort 1.2、HDMI2.0、V-by-One HSなどのFMCカードを組み合わせることにより、さまざまなインタフェースを持った4K ビデオ評価プラットフォームを実現可能にします。

    特徴
    ・次世代ビデオインターフェースカードと組み合わせることによりローコストな4K評価環境の構築が可能
    ・Artix-7 FPGA XC7A200Tを搭載した4K ビデオプロセッシングプラットフォーム
  • Kintex-7 FPGA評価ボード

    各種FMCオプションカードを組み合わせ、多様なインタフェースの評価を、付属の無償リファレンスデザインにより届いたその日から可能にします。

    特徴
    ・高速オンボードDDR3 SDRAM(1800Mbps)搭載
    ・FMCコネクタ4個搭載
    ・SDI、HDMI、DisplayPort、V-by-One® HS、LVDSなどのFMCカードと組合わせ、多様なインタフェースの評価が可能
  • Kintex UltraScale FPGA SoM評価キット

    ザイリンクス社 Kintex UltraScale FPGA(KU060)搭載 SoM用向けの FMC キャリア ボード D21 は、ビデオアプリケーションデザインの評価を迅速に可能とします。

    特徴
    ・FMCコネクタ2ch実装
    ・Z-Rayインタポーザでザイリンクス社 Kintex UltraScale FPGA(KU060)搭載SoM(OM-B20-Z2-KU-060)と接続
    ・別売のビデオFMCカードと組わせることで迅速な評価が可能
    ・デザインサービスにてIF等のカスタマイズ対応可能
  • Zynq SoC SoM評価キット

    ザイリンクス社Zynq SoC搭載 組込み用インダストリアルグレードSoM[TB-7Z-IAE]の評価環境となるIOインタフェース基板、ACアダプタ、サンプルデザインをセットにした開発キットです。開発期間のさらなる短縮を実現します。

    特徴
    ・開発期間を短縮し、スムーズな量産へ付加価値の高い最終製品の早期市場投入をサポート
    ・無償リファレンスデザイン付属(画像検査)
    ・各種BSP対応済み
    ・ユーザーマザーボードの小型化、IF仕様変更等、カスタマイズ対応
  • D-PHY対応MIPI FMCカード

    Meticom社のICをベースに構築されたMIPI FMCカードです。4 レーン CSI-2 インターフェースと 4 レーン DSI インターフェースに対応します。

    特徴
    ・入力4レーン、出力4レーン
    ・Meticom社製MC20901、MC20902搭載
    ・他社製のMIPI IPと組み合わせて使用
  • DisplayPort 1.2 FMCカード

    DisplayPort 1.2 カードは、Texas Instruments 社製のDisplayPort リドライバと、同社製PLL を搭載した DisplayPort インターフェース用基板です。

    特徴
    ・DisplayPort 1.2規格に対応し、4K2K@60pの入出力が可能
    ・Sink/Source 各1ch
    ・Xilinx DisplayPort IPと組み合わせて使用
  • HDMI 2.0 FMCカード

    HDMI 2.0 カードはHDMI2.0規格に準拠したシンク、ソース各1chデザインされており、4K2K@60pの入出力が可能です。

    特徴
    ・HDMI2.0規格に対応し、4K2K@60pの入出力が可能
    ・シンク、ソース 各1ch
    ・Xilinx HDMI IPと組み合わせて使用
  • 12G-SDI FMCカード

    12G-SDI FMCカードは、FMC(HPC)コネクタ間に1入力、1出力、3入出力(切り替え可能) の75Ω HD-BNCコネクタを実装しています。

    特徴
    ・75Ω HD-BNCコネクタ: 1入力、1出力、3入出力(切り替え可能)
    ・同期信号入力 1入力
    ・拡張用コネクタに12G-SDI基板をもう一枚接続可能
    ・クロック:ビデオクロックジェネレータ 148.5MHz と 148.35165MHz
  • DisplayPort 1.4 FMCカード

    DisplayPort 1.4 カードはDisplayPort Standard Version1.4の評価に最適なFMCカードです。1.62Gbps, 2.7Gbps 5.4Gbps, 8.1Gbpsの4レーンをサポートしています。

    特徴
    DisplayPort Driver IC: Texas Instruments, SN65DP141RLJR
    DisplayPort Retimer IC: Megachips MCDP6000B0 (Board part number: TB-FMCH-VFMC-DP-1.0.00) / Megachips MCDP6000C1 (Board part number: TB-FMCH-VFMC-DP-1.1.00)
    FMC connector: Samtec, ASP-134488-01
  • 8Lane V-by-One HS LVDS FMCカード

    本基板は、Samtec社製FMC コネクタ(High-Pin Count)とJAE製FI-R シリーズコネクタを変換し、ザインエレクトロニクス社のV-by-One HS 伝送に対応しています。

    特徴
    V-by-One HS 8Laneに対応するFMCカード
  • 小型 TOF カメラモジュール

    TOF(Time Of Flight)距離計測技術をすぐにお試しいただくためのモジュールとしてだけでなく、お客様の仕様・ご要求に対しデザインサービス(受託開発)を通じて標準モジュールのカスタマイズを行い量産供給までサポートすることが可能です。

    特徴
    TOF距離計測技術を用いた測距センサー搭載のカメラモジュール、デザインサービスによるカスタマイズも可能
  • 世界最速レベル 超高速プロジェクター DynaFlash

    Texas Instruments社DLP® DMD(Digital Micromirror Device)と高輝度LED光源を用い、 独自のFPGAによる高速制御回路で高いフレームレートを実現します。 さらに、独自の通信インタフェースによって、画像を高速転送する回路を計算機に搭載することで映像生成から投影までの遅延を最小3msに抑えることが可能です。

    特徴
    ・1000fps、8bit諧調、投影レイテンシ3msの単板DLP®方式プロジェクタ
    ・高速ビジョン表示を可能にしたことにより、静的な系から動的な系へ技術拡張が可能
    ・ダイナミックプロジェクションマッピング、リアルタイム3次元形状認識、拡張現実等に応用可能
    ・東京大学石川妹尾研究室との共同研究をベースに開発した製品

お問い合わせ・資料請求

お見積り依頼・技術的なお問い合わせ・その他

お問い合わせフォーム

資料ダウンロード

資料ダウンロード

ご購入後の技術的なお問い合わせ
[TED Support Web]

TED Support Webについて

お見積り・資料請求・
技術的なお問い合わせ等

PAGE TOP