1. HOME
  2. 製品・サービス
  3. 作業の自動化
  4. 不定形物ピッキング・デパレタイズシステム TriMath

製品・サービス

作業の自動化 不定形物ピッキング・デパレタイズシステム TriMath

拡大表示

TriMathは、不定形物のピッキング・デパレタイズを行うロボットシステムです。
多種多様なバラ積みされた箱や、粉袋等、形状は不定形の対象物をマスターレス(パターン登録不要)でピッキング・デパレタイズが可能です。光学ユニット、ビジョンユニット、ロボットユニット、ハンドユニットをシステム化し提供します。

課題

■過酷な労働、危険な作業

労働人口減少・高齢化が進む国内では、作業現場の負担軽減、安全確保はもとより、雇用確保も大きな課題になっており、物流・工場現場作業のロボット活用が求められています。

■対象物が多種多様・一定の形ではない

工場の生産ラインでは、扱う製品は工業品のため形状は一定ですが、物流、倉庫を中心とした現場で取り扱う対象物は、大きさ、形が多種多様で形も一定でないため、従来のビジョンロボットシステムでは対応が難しい状況です。

課題

■対象物の形状・サイズの事前登録作業負担

対象物のサイズをあらかじめ、システムに登録する作業は現実的ではなく、袋物などサイズが一定でない場合はそもそも登録作業自体ができないケースもあります。

■対象物の形状・サイズの事前登録作業負担

利点

利点

 

■TriMathが選ばれる3つの理由

①マスターレス運用

対象物のサイズを事前に登録せずに、ピッキング・デパレタイズ動作を実現します。そのため、登録作業負担がなく、サイズが不定形でそもそも登録ができない対象物についても対応することができます。

①マスターレス運用

 

②クイック導入

システムに必要な「光学ユニット」「ビジョンユニット」「ロボットユニット」「ハンドユニット」一式をワンストップで提供し、お客様は導入のためのシステム構築負担を軽減することが可能です。

②クイック導入

 

③AI・画像処理を活用したカスタム処理

お客様の現場業務に合わせて、TriMathの基本システムに画像処理・AI技術を活用した応用動作を追加実装することも可能です。まずはご相談ください。

③AI・画像処理を活用したカスタム処理

導入ステップ

STEP1
・業務ヒアリング(課題・要望・計画・予算)
・実現性の確認(対象物の確認・借用・簡易評価)
・評価報告とご提案
■ステップ1
STEP2
・導入に向けた要件ヒアリング(設置環境・想定運用・詳細要件)
・導入前検証(ロボット・ハンド確認・課題抽出)
・正式システム導入提案(システム・計画・作業・体制・費用・想定運用等)
■ステップ2
STEP3
・ 仮設置場での導入前動作確認
・ 最終設置、動作確認、ドキュメント提出
・ 顧客確認、検収
■ステップ3

■検証LAB (TED 都筑エンジニアリングセンター)

エンジニアリングセンター

東京エレクトロン デバイス株式会社 エンジニアリングセンター
〒224-0045 神奈川県横浜市都筑区東方町17番地
※状況によってロボットメーカー様施設も利用します

動画

製品紹介動画

不定形物ピッキング・デパレタイズロボットシステム
3D ビジョンロボットシステムTriMathが過酷な荷卸現場を変える

動画

導入事例

リサイクル工場における重筋作業の低減を目指して
【JFEアーバンリサイクル株式会社様】

関連製品

導入事例

リサイクル工場における重筋作業の低減を目指して

JFEアーバンリサイクル株式会社様

導入事例を見る

資料ダウンロード

TriMath 資料一式

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

不定形物ピッキング・デパレタイズシステム TriMath

お見積り・資料請求・
技術的なお問い合わせ等

PAGE TOP