1. HOME
  2. ニュース・イベント
  3. イベント
  4. ROBOT TECHNOLOGY JAPAN 2024 イベントレポート

ニュース・イベント

ROBOT TECHNOLOGY JAPAN 2024 イベントレポート

2024年7月4日(木)~7月6日(土)Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)にて開催されたROBOT TECHNOLOGY JAPAN 2024 へ出展しました。3日間を通して、多くのお客様にご来場いただきました。残念ながら会期中にご来場いただけなかったお客様にブースの様子をお伝えできればと思います。

当ブースでは、「人依存の工程をまるっと自動化」をテーマに、工程管理プラットフォームTriMath製品、「設備監視のDX」を実現する異常検知・設備診断システム、「計数作業のDX」を実現する計数・パーツカウンターの紹介を紹介いたしました。



当日のブースの様子をお届け!

ロボットテクノロジージャパンは、2年ぶりの開催、東京エレクトロンデバイスは2回目の出展です。常滑市セントレアの中部国際空港島内に設置している国際展示場「Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)」で今年も展示会が始まりました。

日差しが強く暑い気温ながらも、会期の3日間は晴天に恵まれました。

今回東京エレクトロンデバイスでは、壁面に「人依存の作業をまるっと自動化」「設備監視のDX」「計数作業のDX」の3つのテーマを大きく掲げ、出展いたしました。

会期中は多くのお客様にご来場いただき、デモや展示をご覧いただきました。

数えたい部品をトレーの上に載せて広げるだけで、カメラが撮影し画像処理により自動で数量を数えることができる「計数器・パーツカウンター めばかり君」のデモを行うと、多くのお客様にお集まりいただきました。

お客様からは、「うちの会社で数えている部品も数えられる?」など沢山ご質問をいただきました。


展示・デモンストレーションの紹介

当日はデモや事例動画のご紹介も交えながら、お客様の課題解決に向けたソリューションをご紹介しました。動画にて実際のデモの様子をお届けいたします!

人依存の作業をまるっと自動化

工程管理プラットフォーム TriMath

「TriMath(トリマス)」は、人に依存する工程作業を自動化するプラットフォームで、ビジョンロボットや設備を連携させます。工程管理機能とワーク管理機能を備え、多品種の対象物にも対応し、自動化が困難だった作業を可能にします。また、専門知識がなくてもシステム構築・運用ができ、コストも削減します。

 

設備監視のDX

異常検知・設備診断システム CX-D

CX-Dは、製造業の予知保全と品質改善を目指し、データ収集、可視化、AIによる異常検知を行う設備診断システムです。エッジコンピューティングで工場のDXを推進します。ブースでは、設備のリアルタイム状態監視のデモを行いました。

計数作業のDX

計数器・パーツカウンター

部品倉庫の入庫時、部品払い出し時、在庫部品の棚卸時などに実施する部品計数作業を、画像処理により補助するシステムです。今まで人手で行っていた計数作業を大きく改善します。ブースでは、ネジやワッシャーなど、現場でよく数えられている小さな部品を画像処理で数えるデモを行いました。


工場DXに関する人気ブログを一気読み!

以下のテーマを中心に、解説ブログや導入事例を掲載しています。過去に反響が大きかった記事を掲載しておりますので、ぜひ現場の課題に合わせてご覧ください。

ブログ記事一覧を見る

 

  • 人依存の作業をまるっと自動化
  • 計数作業のDX
  • 設備監視のDX

お見積り・資料請求・
技術的なお問い合わせ等

PAGE TOP