1. HOME
  2. DX Pick Up
  3. ToFカメラに最適なアプリケーション ~人認識編~

DX Pick Up

設計 評価ボード・開発キット

ToFカメラに最適なアプリケーション
~人認識編~

TOFカメラに最適なアプリケーション~人認識編~

前回の特集『 Depthセンシング方式におけるToFカメラの特徴』でToFカメラの特徴は、解像度が必要な形状認識、およびサイズ測定(ヒト・モノの認識)であることをご紹介しました。今回の特集ではその特徴を活かした人流検知ソリューションについてご紹介します。

第1弾:「ToFカメラとは?~ToFカメラを使ってできること~」
第2弾:「Depthセンシング方式におけるToFカメラの特徴」
第3弾:「ToFカメラに最適なアプリケーション ~人認識編~」
第4弾:「ToFカメラに最適なアプリケーション~モノ認識/倉庫管理編~」
第5弾:「新型ToFカメラ~屋外(太陽光下)での評価状況を公開!~」
第6弾:「新型ToFカメラ~屋外(太陽光下)での評価状況 第2段!~」

 

ToFカメラモジュールを詳しく知る

 


 

 

ToFカメラに最適なアプリケーションは?

 

第一に人の認識が上げられます。ToFカメラを使用することで、従来のカメラ認識で必要であったクロマキ処理(背景と人との分離)などが不要となります。距離値で背景をマスクすることで、人のみを切り出すことが可能です。ジェスチャ認識にも最適で、ある特定の測距範囲に、手のひらが存在するときにだけ認識するということが簡単に実現可能です。

 

TOFの合っているソリューションって_図?

 


 

人を認識すると何がわかるの?

 

例えば天井から下を見下ろした場合、床面から認識した人の高さを求めることは容易に実現可能です。また、人を認識して身長を求めることも可能です。ToFカメラだけでは男女の識別は難しいですが、大人か子供か、また親子連れか等の判断は可能になると考えます。

人を認識すると何がわかるの?_図

 

ToFカメラモジュールを詳しく知る

 


 

 

人の重なりも距離値によって分離できるため、通常の画像処理と比べ、人と人の分離処理は簡易にできます。隠れ入場などの防止、共連れセンサーとしても活用できます。

重なった人もわかるの?_図

 


 

他に何ができる?

 

特定エリア内の人数カウントや動向トラッキング、昨今では人と人との間隔(ソーシャルディスタンス)の検知にも応用することが可能です。

他に何ができる?

 


 

試すことはできる?

 

東京エレクトロンデバイスではパートナーと連携して、ピープルカウンタのソフトウェアも提案しております。任意で測定エリアを指定でき、そのエリアの人数カウントを時系列で計測できるソフトウェアです。まずは、対象エリアでご評価頂き、ご要望によってカスタマイズもお請けします。

試すことはできる?

 

無料オンライン相談はこちら

 


 

ToFカメラに関連する他の記事はこちら

第1弾:「ToFカメラとは?~ToFカメラを使ってできること~」
第2弾:「Depthセンシング方式におけるToFカメラの特徴」
第4弾:「ToFカメラに最適なアプリケーション~モノ認識/倉庫管理編~」
第5弾:「新型ToFカメラ~屋外(太陽光下)での評価状況を公開!~」
第6弾:「新型ToFカメラ~屋外(太陽光下)での評価状況 第2段!~」
第7弾:「ToFカメラカスタム開発の事例紹介」

関連製品

お見積り・資料請求・
技術的なお問い合わせ等

PAGE TOP