1. HOME
  2. ニュース・イベント
  3. イベント
  4. 第5回[名古屋]ロボデックス -ロボット [開発]・[活用] 展-

ニュース・イベント

イベント

イベント

第5回[名古屋]ロボデックス -ロボット [開発]・[活用] 展-

東京エレクトロンデバイスは、2022年10月26日(水)~28日(金)ポートメッセなごや 第3展示館にて開催される「第5回[名古屋]ロボデックス -ロボット [開発]・[活用] 展-」 小間番号:19-38へ出展します。

当ブースでは、「工場DX」をテーマに人手作業、目視作業を自動化・効率化しセキュアな環境を提供するソリューションを紹介いたします。 「ビジョンロボットシステム」、「計測・検査」、「予知保全・品質改善」、「工場ネットワークセキュリティ」のデモンストレーションを通して工場DXを提案いたします。 DX化の実現を実感してください。 みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

開催日時
2022年10月26日(水)~2022年10月28日(金) 10:00~17:00
会場
ポートメッセなごや 第3展示館
Google Mapで見る
参加費
無料(招待券もしくは事前登録)
小間番号
19-38
主催
RX Japan株式会社
展示会 URL
https://www.fiweek.jp/nagoya/ja-jp/about/robo.html

ブース位置 

 

資料ダウンロードはこちら

会期中の配布資料一式をダウンロードいただけます。

展示内容

 

■ 人手作業を解放する!ビジョンロボットシステム TriMath

TriMathは、製造・物流現場におけるビジョンロボットシステムです。独自のビジョン技術とロボット、ハンド、センサーを連携制御させ、従来困難であった多種多様な不定形・不規則形状物の柔軟な搬送・仕分け作業を実現します。現在、以下の4つのビジョンロボットシステムを提供しています。

材料袋のデパレタイズロボット
材料袋は置き方によって変形し皺ができるため、個体の認識が難しいですが、弊社独自の袋認識技術により自動化を実現できます。

鋳物部品のピッキングロボット
製造工程において混入する廃材などのため、対象となる鋳物部品の見極めが課題でした。この課題を解消しピッキング作業を自動化します。

商品のピースピッキングロボット
箱の中で様々な荷姿をしている商品を正しく単体認識出来るので、ピッキングすることが可能です。

メッキ部品のハンドリングロボット
今まで撮像が不可能とされていた、メッキ、透明、黒色部品などの対象物をAI認識技術を使用することでハンドリングの自動化を実現できます。

 

■ 作業時間が70%削減!計数器・パーツカウンター

部品倉庫の入庫時、部品払い出し時、在庫部品の棚卸時などに実施する部品計数作業を、画像処理により補助するシステムです。作業者は、数えたい部品を計測台の上に載せて”ばらす”だけ。カメラが撮影した映像を画像処理する事により自動で数量を数えます。誰でも簡単にご利用いただけます。また、すべての作業記録がデータで保存されるため、問題が発生した場合の履歴確認も可能です。

■ AIを使うことはもう難しくない!AIプラットフォーム

AIプラットフォームは、AI開発(データ管理~学習・評価)からインライン展開の一貫プラットフォームによりお客様のルールベース×AIを推し進めてまいります。

 

■ 異常検知・設備診断システムCX-D時系列データ自動分析マシンCX-M

業務改善(予知保全、品質改善、要因調査)を目的に、現場主導でDX化を進めていくことができるツールです。 CX-Dは設備データをデジタルデータで記録保存し、可視化、AI監視、異常通知が工場内で完結、外部ネットワーク接続不要で実現できます。 CX-Mは取り溜めたデータの分析とモデル化がプログラミング知識不要(マウス操作のみ)で実施できます。 それぞれBox型装置で提供しています。

 

■ 産業向けネットワークセキュリティ Edgeシリーズ

トレンドマイクロ製Edge製品は、工場ネットワークを経由したサイバー攻撃から設備を守る製品です。工場内の重要設備、古いOSを使用している設備、エンドポイントセキュリティ導入が出来ない設備に対して外付けでセキュリティを担保します。

ブースシアター

会期中ブース内にて「工場DX 人手作業を解放する」をテーマにしたセッションを行います。皆様のご参加をお待ちしております。

■ 人手作業を解放する ビジョンロボットTriMarh

現場作業の自動化で肝となるのは、対象物の認識です。ビジョンロボットTriMarhは、特に認識が難しかった4つの対象物に対し、最適なビジョン方式を採用したラインアップをご用意しました。自動化が難しかった現場に対し、短期間で実践的な自動化ソリューションTriMarhをご紹介します。

■ もう挫折しない!予知保全・品質改善を実現する最強DXツール CX

近年、多くの企業で関心を持ち取り組みを開始しているデータを活用した「予知保全・品質改善」。ただ、その道のりは険しく、なかなか成果がでず途中で挫折するケースも散見されます。そんなリアルな課題を解決し、着実に工場DXを前進させる設備監視・自動分析ツールCX製品をご紹介します。

■ AIを使うことはもう難しくない! AIプラットフォーム

AIによる画像分類機能によって、個体差がある製品の検査や、汚れや色ムラを見る官能検査、過検出の再分類など、これまで目視検査に頼っていた工程の自動化に貢献するAIプラットフォームをご紹介します。

■ トレンドマイクロ工場セキュリティガイドライン対策

工場セキュリティガイドラインのポイント解説と、工場内に残存するレガシーOS設備(Win2000/XP/7など)の保護や生産ライン単位のセグメンテーション対策。脆弱性攻撃やマルウェア侵入に伴う感染拡大の防止/通信の遮断により工場設備内の被害を最小限に留める対策をご案内します。

新型コロナウイルス感染症 予防対策につきまして

東京エレクトロンデバイスブースでは、ご来場の皆様に安心してご覧いただける環境づくりを目指し、お客様の安全を考慮した以下の対策を実施しております。
ご不便をお掛けいたしますが、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

・スタッフの体調管理
・スタッフのマスクの着用
・手指の消毒、こまめな手洗い
・フィジカルディスタンス、身体的距離の確保
・ブース内の定期的な消毒
・お客様へマスク着用のお願い

直近の展示会の様子

2022年6月30日(木)~7月2日(土)Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)にて開催された「ROBOT TECHNOLOGY JAPAN 2022」へ出展した際の様子です。
詳細レポートもこちらからご覧いただけます。

 

 

お見積り・資料請求・
技術的なお問い合わせ等

PAGE TOP