1. HOME
  2. 導入事例
  3. 振動データの整理・分析・比較作業を大幅に改善

導入事例

生産現場 予知保全

振動データの整理・分析・比較作業を大幅に改善

ご提案製品

予知保全のための時系列データ分析マシン

製品情報を見る
IMV株式会社様

IMV株式会社で販売しているIoT診断ユニット(名称:ラムダバイブロ)は、振動診断に必要な解析演算を内部処理した状態で記録域に保存可能なデバイスです。膨大となる計測データの解析ツールとして、東京エレクトロンデバイスの異常判別プログラム自動生成マシン「CX-M」を採用しました。

課題

  • お客様の計測データ整理に関するツールの提供

成果

  • 計測データの整理・分析・比較の作業負荷軽減
  • 抽出された異常データについて、専門的な観点での評価を実施

特徴

  • 分析作業の自動化
  • 分析結果をレポートで確認

インタビュー

振動データ記録システムと異常判別プログラムの連動
弊社は振動専門の企業として、センサから計測デバイスまで開発・提供しておりますが、お客様の計測データを比較整理し、特徴データを抽出するような、データ整理に関するツール提供が出来ていませんでした。
この度リリースしたラムダバイブロはIoT向けの製品で、データ整理の手助けとなるツールを探していたところでCX-Mを検討しました。

分析作業の自動化
ラムダイバイブロの計測間隔は最短で20分間隔で収録が可能で、1ヶ月間稼働を続けると2000を超えるデータ数となります。また、振動解析に使うための波形データは1つのデータ量が多く、かつ複雑な情報で構成されています。そのため、計測データの整理・分析・比較を行うには多くの時間と労力が必要となります。CX-Mはこれらの作業を自動で行う事が出来るため、お客様にとっての作業負荷軽減が期待できると思います。

分析結果をレポートで確認
弊社のお客様には、計測したデータの解析を依頼される方も多いため、計測データの分析ツールとしてCX-Mをセット提案する事が可能となりました。CX-Mによって抽出された異常データについて、専門的な観点で更に評価を実施するなど、新しいサービス提案にも期待が出来ると考えています。

提供ソリューション

  • メジャリングシステム
    地震監視装置、振動計測装置、振動監視装置、環境信頼性評価システム及び同関連機器の開発、製造、販売、修理・保守サービス

 

  • 振動試験装置
    振動試験装置、複合環境試験装置、信号処理・機械制御システムに関するソフトウェア及び同関連機器の開発、製造、販売、修理・保守サービス

 

  • テスト&ソリューションサービス
    計測解析サービスの提供、振動(環境)試験を中心とした試験の受託及びその他のコンサルティング業務

 

  • IoT振動診断ユニット Λ-Vibro -ラムダバイブロ-(VM-8018)
    各種振動ピックアップや電圧信号の接続が可能で、振動診断に必要な解析演算を内部にて処理します。処理された結果は、CSV形式ファイルとして装置内部に保存され、クラウド等で集積しグラフ化することができます。

IoT振動診断ユニット Λ-Vibro -ラムダバイブロ-(VM-8018)

 

  • ラムダバイブロとCX-Mの連携
    ラムダバイブロとCX-Mの連携

 

 

関連資料のダウンロードはこちら

お客様プロフィール

会社名
IMV株式会社
所在地
大阪府大阪市西淀川区竹島2-6-10
設立
1957年4月
代表
小嶋 淳平
WEBサイト
https://www.imv.co.jp/

ご担当者様の声

IMV株式会社で販売しているIoT診断ユニット(名称:ラムダバイブロ)は、振動診断に必要な解析演算を内部処理した状態で記録域に保存可能なデバイスです。膨大となる計測データの解析ツールとして、東京エレクトロンデバイスの異常判別プログラム自動生成マシン「CX-M」を採用しました。

この事例の製品のお問い合わせ

予知保全のための時系列データ分析マシン

製品情報を見る

お問い合わせフォーム

関連製品

お見積り・資料請求・
技術的なお問い合わせ等

PAGE TOP